Neo FileTimeChange

よくあるご質問

製品をインストールする方法について

製品をインストールする場合は、以下の操作を行ってください。

  1. ダウンロードしたファイルをダブルクリック(実行)すると、セットアップが開始されます。
  2. プログラムの指示に従って、セットアップしてください。
製品をアンインストール(削除)する方法について

製品をアンインストール(削除)する場合は、以下の操作を行ってください。

  1. Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル]、[プログラム]、[プログラムと機能] の順にクリックします。
    ※お使いの Windows によっては、名称が異なる場合があります。ご注意ください。
  2. 登録されているプログラムの一覧が表示されますので、<Neo FileTimeChange>を選択し、[アンインストール] をクリックすると、セットアップが開始されます。
  3. 「Neo FileTimeChange アンインストール ウィザードへようこそ」のパネルが表示されますので、「次へ」をクリックします。
  4. 「Neo FileTimeChangeのアンインストール」のパネルが表示されますので、「アンインストール」をクリックします。
  5. 「Neo FileTimeChange アンインストール ウィザードは完了しました。」のパネルが表示されますので、「完了」をクリックします。
製品のバージョンを確認する方法について

製品のバージョンを確認する場合は、以下の操作を行ってください。

  1. [ヘルプ]メニューの [バージョン情報] をクリックします。
  2. [バージョン情報] ダイアログが表示されます。
  3. [製品バージョン: X.X.X] と表記されています。
ウイルス対策ソフト(セキュリティソフト)に、削除・隔離されてしまったため、プログラムが起動しない(インストールできない)場合について

ウイルス対策ソフト(セキュリティソフト)が、プログラムをウイルスと誤認識し、隔離などをしてしまう場合があります。

この場合は、隔離されたファイルを元に戻し、ウイルス対策ソフト(セキュリティソフト)側でプログラムを「信頼できるソフトウエア」など、使用できるような設定を行ってください。
※ウイルス対策ソフト(セキュリティソフト)側の設定方法については、各販売元・開発元にお問い合わせください。

起動時に「コンピューターに mfc140u.dll がないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。」が表示された場合について

起動時に、「コンピューターに mfc140u.dll がないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。」が表示され、起動できない場合は「Visual Studio 2019 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」が正しくインストールされていませんので、以下の手順でインストールしてください。

  1. 下記のリンクから「Visual Studio 2019 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をダウンロードします。
    Visual Studio 2019 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ (x64)
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリック(実行)すると、セットアップが開始されます。
  3. プログラムの指示に従って、セットアップしてください。
起動時に「プロシージャ エントリポイント _except1 がダイナミック リンク ライブラリ MSVCR140.dll から見つかりませんでした。」が表示された場合について

起動時に、「プロシージャ エントリポイント _except1 がダイナミック リンク ライブラリ MSVCR140.dll から見つかりませんでした。」が表示され、起動できない場合は「Visual Studio 2019 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」が正しくインストールされていませんので、以下の手順でインストールしてください。

  1. 下記のリンクから「Visual Studio 2019 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をダウンロードします。
    Visual Studio 2019 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ (x64)
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリック(実行)すると、セットアップが開始されます。
  3. プログラムの指示に従って、セットアップしてください。
起動時に「コンピューターに WMVCore.DLL がないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。」が表示された場合について

起動時に、「コンピューターに WMVCore.DLL がないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。」が表示され、起動できない場合は「Windows Media Player」がインストールされていませんので、以下の手順でインストールしてください。(Windows Server 2012 の場合)

  1. 「プログラムと機能」から「Windows の機能の有効化または無効化」をクリックします。
  2. 「役割と機能の追加ウィザード」から機能の「ユーザー インターフェイスとインフラストラクチャ」- 「デスクトップ エクスペリエンス」をチェックします。
    ※「Media Foundation」と「インクと手書きサービス」もインストールする必要があります。
  3. プログラムの指示に従って、セットアップしてください。
起動時に「このファイルのバージョンは、現在の実行中の Windows のバージョンとは互換性がありません。コンピューターのシステム情報を確認して、x86 (32 ビット) または x64 (64 ビット) のどちらのバージョンのプログラムが必要であるかを確認してからソフトウェアの発行者に問い合わせてください。」が表示された場合について

起動時に、「このファイルのバージョンは、現在の実行中の Windows のバージョンとは互換性がありません。コンピューターのシステム情報を確認して、x86 (32 ビット) または x64 (64 ビット) のどちらのバージョンのプログラムが必要であるかを確認してからソフトウェアの発行者に問い合わせてください。」が表示され、起動できない場合は、お使いの Windows のバージョンは、64 ビット版(x64) ではありませんので、ご利用できません。

「Neo*.dll が見つからないため、コードの実行を続行できません。プログラムを再インストールすると、この問題が解決する可能性があります。」が表示された場合について

「Neo FileTimeChange」が正しくインストールされていませんので、再インストールしてください。

Office 2007 形式(新しいファイル形式)の対応について

Office 2007 ⁄ 2010 ⁄ 2013 ⁄ 2016 ⁄ 2019 形式(.docx, .xlsx, .pptx)には、対応していません。

表示項目(長さ、フレーム高、フレーム幅、フレーム率等)について

すべてのファイルの表示項目には、対応していません。
※必ずしも、エクスプローラーと同じ情報が表示される保証はございませんので、ご注意ください。