ソフトウェア

HOME >> ソフトウェア >> Neo FileNameModify

Neo FileNameModify

ファイルやフォルダーの名前および拡張子を変更するソフト
 
 
 
 

 概要

名前/拡張子変更
  • 選択したファイルまたはフォルダーの名前および拡張子を変更します。
  • Unicode 文字列のファイルおよびフォルダーを読み込むことができます。
  • デジカメなどの写真の撮影日から変更することができます。
  • コピーや移動後に名前および拡張子を変更することができます。
  • ログファイルから変更した名前および拡張子を復元することができます。

 操作画面

メイン画面
変更したいファイルのあるフォルダーをドラッグ&ドロップし、項目を選択して、名前または拡張子を指定するだけで変更できます。

 ダウンロード

ご利用になる前に、必ず「フリーソフトウェア利用規約」をお読みください。
※32 ビット版をお使いの方は、32 ビット版サポート終了のご案内をご覧ください。

 更新履歴


2017年11月07日 Version 1.6.1.0 更新
  • ■新機能・改善
  • 列の並び順を保存・復元する機能を追加しました。
  • 「写真名変更ウィザード」に写真名変更フォルダーを開く機能を追加しました。
  • アプリケーションキー、ショートカットキー(Shift + F10)でコンテキスト メニューを表示するように改善しました。
  • 項目を複数選択時に、メニュー「上へ」「下へ」「プロパティ」を無効にするように改善しました。
  • 項目を複数選択時に、コンテキスト メニュー「ファイルの場所を開く」「フォルダーの場所を開く」を非表示にするように改善しました。
  • ■仕様変更
  • インストーラーの仕様を変更しました。
  • [クリップボードにコピー] - [すべて] 機能を変更しました。
    • 列もコピーするようにしました。
    • ダブルクォーテーションで囲むようにしました。
  • ■不具合修正
  • 「検索条件」の日付「検索範囲」で正しく検索されないことがある不具合を修正しました。

 動作環境

コンピューター本体 下記 OS が動作するパーソナルコンピューター
メモリ 使用する OS が動作するために必要なメモリ
ハードディスク容量 30MB 以上の空き容量
※ Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ含む
解像度・カラー 1024×768ドット、High Color(16 ビット、65,536 色)以上
対応 OS Windows 7/8.1/10(各日本語版)
Windows Server 2012 R2/2016(各日本語版)
※ 32 ビット互換モード (WOW64) 動作保証外
その他 インターネットに接続できる環境

Windows の正式名称は、Microsoft Windows operating system です。
Microsoft、Windows、Windows Server は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
© NJP 2017
HOME >> ソフトウェア >> Neo FileNameModify